脱毛などはこちら

育毛などはこちら

みんなの悩み質問はこちら

手術などについてはこちら

育毛剤を集めました

育毛剤の口コミ情報はこちら

2007年03月14日

育毛のメカニズム

では私達の頭の上でどのような事が起こっているのでしょうか?髪の毛自体に育つ細胞は「毛母細胞」です。毛母細胞には寿命があり、そのため上記のヘアサイクルがあります。かつてはこの毛母細胞が育毛にとってもっとも重要なターゲットと考えられていました。しかし最近の研究では、毛母細胞以上に重要な存在がクローズアップされています。それが「毛乳頭」です。毛乳頭は毛母の先端(髪の毛の根っこ)にあり、毛母細胞に増殖の命令を発する、言わば司令塔の役目をしています。ヘアサイクルの休止期に入ると、毛乳頭は毛母細胞(毛母細胞がなくなっている場合は皮脂腺にある幹細胞に)に発毛のサインを送り、毛髪は成長期に移ります。しかし何らかの原因で毛乳頭が育毛のサインを送らなくなった時に、私達はハゲるのです。
posted by だついく at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘアサイクル

人間の髪の毛は、発毛した毛が成長し、やがて抜け落ち、そしてまた生え始めるといったサイクルを通常4〜5年(2〜6年とも言われています)で繰り返しています。これを「ヘアサイクル」(毛周期)と呼びますが、ヘアサイクルは毛母細胞の分裂が活発でグングン髪が伸びる「成長期」と毛母細胞の活動が低下しほとんど成長しなくなる「退行期」、完全に成長が止まり髪が抜けてしまう「休止期」に分けられます。私達を悩ます薄毛・ハゲの大部分は、このヘアサイクルが何らかの原因で短くなり(1〜2年)、髪が完全に成長する前に抜けることでおこります。成長期初期の髪は柔らかい軟毛ですが、正常な人の場合硬い毛に育っていきます。が、ヘアサイクルに異常がある場合、この軟毛の段階で抜け落ちてしまうことが多いのです。
posted by だついく at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

育毛剤について

様々な育毛剤が市販されているが、医学的に発毛作用が確認されている薬品は以下の2種類のみである。(これら以外の育毛剤は、育毛作用があったとしても、医学的には発毛作用はないということである)

ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)
頭皮にふりかける外用薬である。もともとは高血圧の治療薬として開発された薬で、血管拡張作用によって発毛を促すといわれているが、メカニズムには不明な点が多い。頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用がある。
フィナステリド(商品名プロペシア)
内服薬である。頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す。
アメリカの製薬会社メルク社が開発した。日本でも、メルク社の100%子会社である万有製薬が2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、自由診療(保険外診療)として医師の処方箋に基づいて使用できるようになった。
しかしこれらの薬品も効果があるかどうかは体質次第であり、人によっては一層脱毛が進むこともある。また効果があったとしても使用を続けなければ元に戻ってしまうため、脱毛の解決手段とは言い難い。



脱毛に関する口コミ情報



posted by だついく at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増毛とは

増毛とは、残っている毛髪に人工毛を接着して、見た目の毛量を増やす施術のことである。当然ながら、接着した毛髪が伸びれば人工毛を付け直さなければならないし、接着した毛髪が抜けてしまえば人工毛も抜けてしまうので、常にメンテナンスが必要になる。

技術的には美容院や理容室で行われているヘアーエクステンションと全く同じものであるが、脱毛者向けに営業しているヘアサロンが実施する増毛はヘアーエクステンションよりもはるかに高額な料金を設定していることも、一部では非難されている。


脱毛に関する口コミ情報
posted by だついく at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつら

かつらは、人工毛または人毛によりヘアスタイルを作って、頭部に着用する器具のことである。脱毛症の見た目の改善には絶大な威力を発揮し、全禿げの場合は唯一の対処手段であるが、以下のような問題がある。

メンテナンスに多大な費用がかかる
以下の理由により、かつらの維持費用は年間50万円程度と言われている。
かつらはオーダーメイドであるため、一つの製作に数十万円の費用がかかる。
かつらは磨耗するものである。通常、磨耗を防ぐため2個以上製作して交換しながら使用する。
磨耗が進むと、残っている髪の毛と整合が取れなくなるため、作り直す必要がある。そのため、かつらの寿命は2年間と言われている。
かつらの毛は伸びないが、残っている髪の毛は伸びる。そのためかつらとの整合が取れなくなるため、一般の理髪店より高額な専門の理髪店で整髪をする必要がある。
かつら自体が悩みになる
かつらにより見た目は改善されるが、かつらをしていることがバレるのではないかという別の悩みを抱え込むことになる。




脱毛に関する口コミ情報
posted by だついく at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキンヘッド

いわゆるスキンヘッド。中途半端に毛髪が残るから悩むのだと考え、完全に毛髪を剃り落としてしまう。一番シンプルで費用がかからず、他の方法のような二次的な難点が一切無い。脱毛症の問題が見た目よりもむしろ本人の精神面にあることを思えば究極の解決方法とも言える。一方で

頭の形が不格好だったり、頭皮に傷がある人はやりにくい
頭部を保護する毛髪がなくなるので、頭皮を傷つけやすくなり、冬場は寒い
暴力の象徴と見る地域があり(やくざやネオナチなど)、非難の目で見られることもある



脱毛に関する口コミ情報
posted by だついく at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛などについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。